久しぶりのエントリーです。
試合も終わり、年内は忘年会ラッシュへと突入しています。
毎年、年末はたくさんのお世話になった方々と会えるのでワクワクします。

先日、リクルートキャリア&リクルートジョブズ代表取締役社長のやながわさん、そして皆さんとの忘年会でした。
以前にもブログで書かせていただきましたが、住宅カンパニー(SUUMO)時代の直属の上司と部下ということでリクルートを卒業した後も非常に可愛がっていただいてます。
会社の4周年や移転のお花などいつもお気遣いいただきましてありがとうございます。

Nadia監修「100万人のお墨付き」の葛城サイン入りをお渡ししたときの写真。
FullSizeRender

サイン必要でしたか・・・?><
というか、、、元上司の首根っこ掴んですいません!!
これはやばい。

卒業したメンバーが、かつての上長と仕事の議論ができる素敵な会社リクルート。
卒業してもうすぐ5年になりますが、いつもお声がけいただいて本当に感謝しています。
ありがとうございます。

今回もいつも通り、というか毎回ですが、リクルート営業マンシップについての話がメイン。
リクルートの営業マンはとにかく「お客さんのために徹底伴走する」というスタイル。
お客さんと喧嘩しようが、上司に怒られようがお客さんのためになるなら、価値を返すためなら徹底伴走する。
「こんなことあったよな!」という話と共に大いに盛り上がったわけです。
僕もお客さんとよくやり合いました。
本気だから腹も立つし、本気だから伝えたいと思う。
でも、「お客さんを(いい意味で)出世させたい」ってみんなが心から思ってる。

現在、日々業務をしている中で、この日改めて「本気でやる」ということの大切さを教えていただきましたし、ちゃんとできてるのかな?と自問自答したわけです。


ところで、前にも書いたのですが、僕がやながわさんの理念の中で好きな言葉をご紹介します。

夷険一節(いけんいっせつ)
どんな時でも信念を守り続けること。
「夷険」は平らな場所と険しい場所のことから順境と逆境のことで、順境でも逆境でも信念を変えないということ。


生きていたら良いことも悪いこともありますよね。
仕事で言うと競合が伸びてきて自社が危ないとか、同僚と上手くいかないとか。
プライベートでいうと病気になったとか家族と喧嘩したとか。
人生なんてゴムボートを漕いでるようなもの。
毎日荒波の中で、どうやったら沈まないか、前に進むかなどを考えなければならない状況。
辛いこともある。

しかし、平らな場所と険しい場所は紙一重。
厳しい状況になったときに、いちいちクヨクヨしたり自分の精神バランスを自分から壊しにいく必要なんてない。
そんなこと気にせず、空気を読まずに自分のスタイルを信じればいい。
逆に、良いことがあっても、それは続かないのだからいつも通りでいい。
(良いことも悪いことも続かないんですよね)

やながわさんもリクルートのカンパニートップとして、きっと色んなことがあって、それを乗り越える中でこの答えにたどり着かれたのではと、勝手に妄想していました。

OCEAN'Sはスピードを重視し、高い成長性を目指してはいるものの、常に冷静に自分たちのスタイルを大切にしています。
そういうスタイルの事業運営は「夷険一節」という言葉をたくさん聞いてきたからなのだと思います。

「リクルートはすごい会社だ」
そうおっしゃる方は多いと思います。
僕もそう思います。
こんな会社って他にはないんじゃないかって。
なぜか。
いつも考えるんですが、今日現在の自分なりの答えは個人の「強烈な執念」がそうさせているんじゃないかって。
「強烈な執念」があるメンバーがお客さんのため、業界のため、リクルートのために仕事しているからなんじゃないかと思います。

「強烈な執念」を持ったメンバーだらけなら、そりゃすごい会社ですよ!
若輩ながら、僕も死ぬまでそんな仕事をさせていただきたいと思います。
だからおもしろい!


最後にやながわさんと同業界クックパッドのじゅんさん。
IMG_2319
じゅんさんはリクルートの先輩で格闘技仲間。
いつも、仲良くさせていただいてます。

たくさんの先輩方と垣根を越えて「侃々諤々」させていただけるなんて本当に幸せです。
他に迎合することなく、媚びないリクルートマンシップを再度学ぶことができた夜でした。
みなさま、ありがとうございました!
引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

PS:やながわさんが眼力だけでNマネージャーを鼻から出血させた話と、僕がカタカナ多めのプレゼンをしたときに地獄に落とされそうになった話は鉄板でした。



今日の一善:メンバーや友達の誕生日を祝った。小さなことだけどきちんとやりたいこと。でも、たまに忘れる。ごめん。