仕事をする上で最も重要なことの1つに「執念」があると思います。
最近、自分の仕事を振り返り反省している部分もあります。

自分の担当している業務に対して圧倒的な「執念」を持つことで結果は大きく変わってくる。
「執念」はスキルを超え、キャリアを超え、年齢を超えていく。
仕事に対して如何に「執念」を持てるかどうかが重要だと感じています。

何か物事を決めるときの社内会議においても、合議や多数決はない。
その場で最も「執念」を持って発言発信できる人の意見が採用されるべきだと思います。
意見が否定されたら嫌だ、間違っていたら恥ずかしいなんて関係ありません。

また、「執念」を持って発言している人にとって、「執念」を持っていない人の発言というのは、とうの昔に議論・シュミレーション済であることが多い。


営業活動においても、クライアントさまの「良いなり」「御用聞き」なんてない。
クライアントさまが「成果が上がる」「上に行く」「出世する」ために「執念」を持って提案することが重要であり、クライアントさま自身に否定されても、怒られても、喧嘩しても、徹底的に思考した提案を主張すべきだと思います。
クライアントさまにお金をいただくことだけが仕事ではありません。
双方で価値の交換をし、共に成長するために営業活動をしています。
自ら仕掛けないのは営業マンではありません。
「自動販売機」にならないように僕も気をつけなければいけません・・・

経営者の社員に対しての考えもそう。
彼らが何を考えているのか、「執念」を持って徹底的に考える。
会社に居るときの見えている部分だけじゃ無くて、きっと経営者が見えてないであろう家族のこととか将来のこととか体調のことも徹底的に考える。
僕らに見えている部分なんてほんの一部なのだから。

致命的な違いは「執念」
人間の違いなんて、そんなにない。


葛城嘉紀