このたび、ブログのタイトルを変えました。
弊社のミッションステートメントである【「食」で人と人をつなぐ】に。

人の幸せってなんだろうって暗い部屋で1人考えてしまいます。
あ、別に暗い話じゃないんですけどね。
20代の頃はあまり考えもしなかったのですが、30代も後半になるとそういうことを考えてしまうのです。
以前も触れましたが、僕はそこに一つ考えがありまして。
人の幸せは所属するコミュニティの「数」と「質」で決まるというのが今日現在の持論です。
「数」といっても多ければいいというわけではなく、最適な数です。
家族、会社、学生時代の友達、趣味の友達。
大体みなさん3~7コミュニティくらいですかね?

所属しているコミュニティが少ないとインスパイアされるものも少ないし、逃げ場もない。
多すぎると疲れてしまう。
人は(ある程度)たくさんの人とコミュニティ形成することで幸せを感じると思います。
それが「数」です。

でも「質」は大事です。
人の善し悪しではなく、気の合う人や価値観の合う人、尊敬できる人、楽な人、志を共にする人とじゃないと一緒に居ることができません。
ギスギスしているコミュニティに居ては幸せを感じることはできません。
それが「質」です。

どのコミュニティにも必要なものこそ「食」だと思います。
朝食は家族ととりますし、記念日には家族で料理をしますし、仲良くなりたい人は食事に誘います。
同じ釜の飯を食うと志が一致します。
1回目のデートだって99%食事じゃないでしょうか。
ボーリングだけ一緒にして解散!ってないでしょう。(あったらごめんなさい)
「食」はすべての人をつなぐことができるもの、というわけです。
家で食事をしてもいいし、外食もいいと思います。
でも孤食はあまりよくないです。

なんで「食」やってるんですか?って聞かれることも多くて、きっかけは色々あるのですが、「なぜここまで食をやり続けてるのですか?」と聞かれると上述のように答えます。
人が「食」によってつながっていくことが好きだからということです。
「食」で人と人をつなぐというミッションを持っているからこそ、NadiaやEatreat、Our Tableをやっているのです。

ちょっと長々と書いてしまったのですが、上記ミッションに共感する皆さん、OCEAN'Sにジョインしませんか!(そこか!真の目的は!)
Nadiaも月間300万以上の人に見られるまでに成長し、サイトもいくつかリリースし、社員のみんなの数も増えてくると、仲間が必要となってきます。
正直、経営トップである僕自身がやり方を知らないことも多い。
僕は営業と事業企画が会社員時代のメインキャリアなので、苦手なこともたくさんあります。
ミッションを元に、アプローチ方法はお任せすることも多くなるかもしれませんが、一緒に事業成長を加速させてくれる仲間を募集しています。
よろしければ是非ともお話ししましょう!
以下にコーポレートサイトに掲載しているミッションを書いておきます。


【ミッション】
「食」で人と人をつなぐ

家族、学生時代の仲間、職場の仲間、趣味の仲間。
世の中にはたくさんのコミュニティがあります。
最適な数のコミュニティに参加していて、そしてコミュニティの質は高い方がいい。
多すぎても疲れちゃうかもしれないし、少なすぎても寂しい。
そして気の合う仲間や尊敬できる仲間と過ごす方がいい。

あらゆるコミュニティで人がつながることができるのが「食」。
一緒に食べたり、飲んだり、料理すると人と人は仲良くなれる。
誰かと話をするとき必ず「食」が中心になる。
コミュニケーションするには食べる時間を共にするのが一番いい。

「いただきます」や「ごちそうさま」の意味を通して子どもたちも成長し、
社会とつながっていくことができる。

一緒に食べることで人はつながる。
一緒に食べることで人は成長する。
そんな場所や時間や機会を全世界に広めたい。
------

ということで、お待ちしてます!

■OCEAN'S採用ページ
https://www.oceans-corp.co.jp/careers/



今日の一善:若手社員と立ち食い蕎麦「そばよし」を一緒に並んで食べた。