「食」で人と人をつなぐ。OCEAN'S社長 葛城嘉紀のブログ

「すべての行動は誰かのために」 東京日本橋から食文化を発信しています。 レシピサイト「Nadia」、料理家マネジメント「Nadia Management」、料理家育成学校「Nadia Artist Academy」を運営しています。

OCEAN'S代表取締役社長CEO。
プロのレシピサイト「Nadia」、料理家及び料理研究家のマネジメント「Nadia Management」の運営、料理研究家育成校「Nadia Artist Academy」を運営しています。
アマチュアキックボクサー。ゴールドジム。食と料理と格闘技をこよなく愛する経営者です。

■Nadia
「写真がきれい」「つくりやすい」「美味しい」3拍子揃ったお料理や「食」「料理」に関する記事を配信しています。
https://oceans-nadia.com/

■Nadia Management
料理家、料理研究家、料理教室講師、管理栄養士が所属しています。
https://nadia-artists.com/

■Nadia Artist Academy
料理研究家マネジメント事務所が運営する料理研究家育成校です。
https://oceans-nadia.com/academy/

【お仕事のご依頼】
料理家、料理研究家、管理栄養士のメディア出演お問い合わせ、レシピ開発、商品開発のご依頼はこちら(https://nadia-artists.com/contact/)へお願いいたします。

2016年06月

”The wealth I have won in my life I cannot bring with me.”
私が勝ち得た富は、(私が死ぬ時に)一緒に持っていけるものではない。

”What I can bring is only the memories precipitated by love.”
私が持っていける物は、愛情にあふれた想い出だけだ。


スティーブ・ジョブズが最後に残した後悔の言葉だそうです。


富や名声というものは泡のようになくなってしまう。
どんなに稼いだお金もなくなってしまう。
長い時間かけて築いた名声も一瞬で失うこともある。


大切な人たちと大切な時間をきちんと過ごすこと、愛情に溢れた時間を過ごすことが人間として最も大切なことであり、それが人生の目的だと思います。

大切な人たちと大切な時間を過ごすために仕事をする。
大切な人たちを守るために事業成長させる。

オンリーワンでいい、ナンバーワンじゃなくていい、とは思わない。
ナンバーワンになることは大切なこと。
そのために我武者羅にストイックに仕事をするのは大切なこと。
でもそれ自体が目的じゃない。


先日36回目の誕生日を仲間に祝っていただきました。
IMG_0162
プライベートな仲間たち。
今年で10回目だったそう。
後輩1人女性というだけで、後は圧倒的おっさん集団。
幼なじみの奴も居て、会社員時代の仲間も居て、経営者仲間も居て。

プレゼントしてくれたKATSURAGIカレンダー&シャツ。。。
IMG_0227
「いらねー!」
「どこで使えば良いんだよー」、と言うと。


「中を見てみて」と。
IMG_0206
誕生月である6月からはじまるこのカレンダーにはOCEAN'S設立日やNadiaのカットオーバー日。
そして大切な仲間たちの誕生日が記されていました。


「仲間が増えたら、書き足して」


みんなが、僕の家族とも連絡を取り合って完成させてくれた素敵なカレンダー。
こんなに想いの詰まったプレゼントはありません。


「おはよ。昨日は行けなくてごめんなさいね。
私たち2人は、忙しいこともがむしゃらなこともわかってますよ。
いまはそういうとき、って思って見てました。
きっと私には想像もできないようなしんどいこともたくさんあったでしょうし、
「今の葛城嘉紀」には簡単にはたどり着かなかったよね。」

「これからきっともっと忙しい。同じ瞬間に仕事もして、家族や友達とも一緒にいることは無理だけど、ただ、いつ何があるかわからないから、一瞬一瞬ちゃんと大事なことを見失わないでいたいね。
お誕生日おめでとう。これからもよろしくね。」


当日参加できなかった幹事の奥様からのメールで大きな気付きがありました。
目の前にある色んなこと、例えば〆切りやクライアントさまの反応。
睡眠不足やストレス。
僕らを盲目的にする要因は日常生活にたくさんある。
僕らの判断を見失わせるものがたくさんある。


生きているだけで忙しい。
でも、大事なことをきちんと見失わないようにしないと。
愛情溢れる人生を過ごせるように。
心ゆたかでいられるように。
僕らがいる本当の意味を見失わないように。


いつも誰かを思い遣れるように。
そして自分の人生を楽しめるように。


最後に・・

「一緒に世界に行こう」と、もらった地球儀。
IMG_0235


「世界を目指して!」ともらったDVD。
IMG_0236
具志堅さん、左ストレート速すぎて見えない。


 みんな、ありがとうございます。
いつも、心ゆたかでいられますように。



今日の一善:キックボクシングジムの清掃を率先して行った。
 

葛城 嘉紀
 










 

「挨拶、日本一の会社になりたい」
挨拶しないのは、もはや罪だ。

今朝の朝礼でみんなに伝えたのですが、「おはよう」を言うなら相手の目を見て、笑顔で言いたい。
そうやって挨拶をしてくれる人と仕事がしたい。

幸いにもOCEAN'Sメンバーは皆を気にしてくれている。
来訪客の方、清掃に来てくださった方にも大きな声で挨拶をしてくれている。
※当たり前なんだろうけど。


OCEAN'Sの3つ目の罪。
IMG_9460
 
「挨拶しないのは罪」
会社員である前に、人間なので気持ちよく働きたい。 


先日、ある企業の工場見学をさせていただきました。
何百名もいる社員さん。
僕らが通るたびに、立ち止まって挨拶をしてくださる。
その企業は何百年も続いている。

「あぁ、こういう会社が100年続く企業なんだ」

そう痛感しました。
そして一朝一夕でできるものではないのだと思います。
僕らも見習い徹底したい。

メンバー同士が挨拶を徹底することで全員が気持ちよく働ける環境をつくる。
そうすればコミュニケーション総量も増えて連携も強化される。

実は、当たり前を徹底することが最強の事業戦略なんじゃないかって思ってます。
まずはそれから。


今日の一善:会社近くのコンビニで店員さんに満面の笑みで「おはよう!」を伝えた。


葛城 嘉紀



 

おはようございます。
6/20に36歳を迎えました。
年男。
いつの間にこの年齢になったんだろう。
ふと、考えてしまいます。

ソニーミュージック時代の上長に「年齢を重ねていく度に可能性は減っていく。時間は有限。努力するように。」と言われたのを覚えています。
それが25歳の時。
年を重ねる毎に時間の大切さを感じます。

良くないことですが、寝る時間が惜しくなったり、ダラダラする時間が勿体なくなりました。
ゲームなんかもしません。
(学生時代あんなに好きだったのに)
だんだん朝型になり、仕事と健康のための運動ばかりになり。
「もう少し余暇を楽しむべきでは?」
とのご意見もいただきますが、なかなか振り切れない自分がいます。
 

「もう少し余暇を楽しむ」ということを考えないといけないのですが、 自分はやはり事業に夢中で仕事をすることが好きです。
仕事を通してOCEAN'Sのメンバーや料理家さんやクライアントさん、パートナー会社さんと何かを成し遂げることが好きです。
それは仕事を通してたくさんの人と出会い、人の輪が広がり、人の想いを感じることで自分が生きていると感じられるからです。

時には人と喧嘩したり、意見が合わなかったり、好きな人に好きと言えない環境になったり。
大変なことも、つらいことも多いかもしれませんが、それ自体が長い目でみれば楽しいことなのです。

「どんな趣味より仕事が楽しい」という言葉は若輩ながら自分にも大きく当てはまると思います。
それ自体が人間活動なのです。
それ自体を楽しみたいと思います。

誕生日当日は、OCEAN'Sメンバーからお祝いしていただきました。
キャラ違いのくまちゃん。
IMG_0064
なんで熊やねん。。

頑張って火を消します。
IMG_0065
某料理家からは「フグか!」という突っ込みあり。


Nadia編集長の千尋ちゃんから肉タオルをもらう。
IMG_0062
「本気じゃない感じがいいっしょ?」とクールに言われる。


新入社員のみのりんからは。
IMG_0066
中身プロテインでした。
「いつもバナナ食べてるんでバナナ味にしました」
ありがとう。バナナ味は持ってなかった。

新入社員の小さな財布を傷めてしまった・・
気をつかわせてしまった。。


朝の会議のメンバーで。
IMG_0067
誕生日が近い梅ちゃんと共に。


こんな体験が得られるのも仕事があるから。
OCEAN'Sがあるから。
やっぱり、仕事ってのは素晴らしい。
いいことも、わるいことも。
今年も楽しんで参りたいと思います。
みなさま、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

みんな、ありがと~~~~!!!


葛城 嘉紀


今日の一日一善:メンバーの飲み残しの珈琲を捨てて、洗っておいた。

 

リクルートの営業マンが頻繁に言ってた「クライアント担当者さまを出世させる」という考え方。
これ、好きなんですよね。
自分の売上目標もあるし、会社からどれだけ売上げて来いなどのミッションも無視できないのは事実ですが、「担当者さまを出世させる」という考え方は崇高で理解しやすい考え方だと思います。

これを意識すると、、

・クライアント担当者の気持ちを理解しようとするので良好な関係を築くことができる
・取引先の社内の価値を明確化できる(評価軸がわかる)
・無理な受注をせずに、会社対会社の中長期的な取り組みを前提とすることができる
※不正はもちろん駄目です。 

当時、現場営業マンの僕としては非常に理解しやすく腹落ちできた考え方でした。
現場営業マンにはたくさんのミッションが課せられますが、やるべきことが一言に集約されており理解しやすかった。高度な営業スキルや戦略も必要ですが、非常に大切な意識付けです。


最近、営業動向に出ることも多いので改めて考える今日この頃。
営業マンに必要な素養とは、キャリアや戦略や知識だけではなく

「お客さまを好きになれること、そして貢献したいと思うこと」

この一言につきますね。
全てはここから。


今日の一日一善:散らかっている机を片付けた。

葛城 嘉紀
 

 

みなさん、こんばんは。
もう夜になってしまいました。

昨日はキックボクシング仲間の試合のセコンド・観戦に行ってきましたよ。
決戦の場所はここ。
IMG_9891
 日比谷公園野外特設リング!!

おおー!
何故、僕はエントリーしなかったんだ。
青空キック、超楽しそうじゃないか。
などとぼやいていました。


僕がサポートさせていただいたOさんと試合前に何回か調整させていただいたYさん。
IMG_9894
お二人とも勝利しました!!
おめでとうございます!!

お二人とも経営者として忙しくされている中、週末や深夜など細切れ時間を利用してよく練習されていました。
あんなに世界を飛び回っていたのに時差ボケも感じさせず、素晴らしいファイトでした。
仕事も趣味もバランスよく、ということを体現されていますね。

先日キックボクシング仲間のKさんがおっしゃっていたのですが、「トレーニングを初めて業績が伸びた。たくさんの友達をジムに引き入れたけどみんな仕事が上手くいっている」とのこと。
キックだけがいいというより、「仕事以外に一生懸命やること」がある人は安定して仕事ができる人というイメージがあります。


-仕事で行き詰まった時にリフレッシュできる。
-違う視点で物事を見ることができる。
-叱られる環境をつくる。
-ここぞという時、何時間でも働くことができる。

身体を動かすこともいいことが多いと思います。
みなさんも是非とも、毎日の習慣に運動することを取り入れて健やかな生活を。(誰だ)


35歳になり、時間の大切さを改めて痛感します。
限られた時間、チャンスを最大限に活かす準備を常日頃からすること。
意識するようにしています。
仕事においても、その時が来たときのために。


今日の一善:リクルート時代の後輩にランチをおごった。


葛城 嘉紀







 

↑このページのトップヘ