ちょっと古いけどAKB48の「チャンスの順番」という曲ってセンスあるなぁと思う。
歌詞も見てみた。

チャンスの順番 
いつかきっと来る まだ先のようでも確かに近づいてる
声が掛かるまで光が当たるまで
君は今まで以上に どんな時も輝いていよう

メンバーの顔と名前もあまり一致しないけど、SME時代の同期が売れる前のAKB48を担当していたなと今思い出した。
その同期はヒップホップとダンスが好きな男でアイドルを担当することになって何回か相談を受けたことがある。
売れる前のAKB48を支えていたので、メンバーからは今でも信頼されているようだ。

話を戻します。
チャンスというのは誰にでも平等にやってくると思います。
多少の大小はあるかもしれませんが。
そして、チャンスというのは突然やってきます。
突然過ぎてたまに気付きません。
気付いていてもチャンスだったことが理解できないこともあります。
しかし、家で寝ててもチャンスは来ない。
動いてないとチャンスは来ない。
誰かと話をしてないと、誰かに会ってないと、自分から何かを仕掛けていないと、能動的じゃないとチャンスは来ない。

バッターボックスにたっているからたまに来る甘い球を打ち返すことができる。
それがたまにホームランにもなる。
能動的に、自発的に、フットワーク軽く、自分から。仕掛ける。
そうするといつかはチャンスと出会う。
自分の行動とチャンスがシンクロした時にやっと結果がでる。
だから自分の行動は封じ込めてはいけない。
例え、結果が長くでなくても自分の信じた行動は続けるべきだ。
自分自身を封じ込めてはいけない。

結果が出ないのは、きっとチャンスが誰かに訪れていて、誰かが結果を出している。
誰かの次は自分だ。
チャンスがやってきたときに確実にホームランを打つために僕らは日頃から自らを磨き、準備している。
チャンスが来てからでは手遅れなのだ。
結果に拘っているけど、結果が遅い全ての人たちに贈りたい。
その日が来るまで一秒たりとも準備を怠るべきじゃない。
チャンスは必ず来る。
結果は必ず出る。

株式会社OCEAN'S 葛城 嘉紀