三連休最終日、皆さまお休みを満喫されてますでしょうか。
日曜日の夜や連休最後の夜は何となく色んなことを冷静に考えられるものです。
そういう時こそ、精神統一できたり次の戦略を考えたりすると割といい答えが浮かびます。
振り返りもいいかもしれません。

先日、友人より「今ちょっとスランプで・・・」という相談を受けました。
その友人の仕事の話なのですが、色んな事象が重なって、事実困難な局面にあります。
他の仲間は自分たちの立場でアドバイスするなど、仲間の協力姿勢などピンチの時ほど色んなモノが見えてきます。
そんな時だからこそ「今何をするか」を考えるのが吉でしょう。

僕も起業時に何もかも上手くいかなくて、「悪いことは避けられないので、耐えてください」って占いをやってる友人にアドバイスをもらいました。笑
ただ、耐えるだけでいいのか?
よく分かりませんが。
でも悪いことは必ずやってきます。
困難は必ず誰にでも平等にやってきます。


「花の咲かない冬の日は、下へ下へと太い根を伸ばせ」
本日読んだ本に書いてあった言葉。
そして、これが本日仲間に贈りたい言葉です。

売上が上がらないとき。
商品がうまくつくれないとき。
自分に不運が続いてるとき。(すごい状態・・)

誰にでもそんなタイミングはあります。
でも、そんな時期だからこそ花を咲かそうとするのではなく、根っこを伸ばす。
普段やってないことを実践するとき。
基礎力を磨くとき。

久しぶりの仲間に会ってアドバイスをもらったり、普段避けてる人に敢えて会いに行ったり。
根っこという自分の鍛錬に使うタイミングなのかも知れません。

困難こそが自己の成長の元となる。
必ず乗り越えられる。
そして成長できる。

大切なのは逃げないこと。
そのタイミングを利用してやること。


今日の一善:友達の子どもをずっと抱っこし続けた。