OCEAN'S代表取締役社長CEO。
プロのレシピサイト「Nadia」、料理家及び料理研究家のマネジメント「Nadia Management」を運営してます。アマチュアキックボクサー。ゴールドジム。食と料理と格闘技をこよなく愛する経営者です。

■Nadia
「写真がきれい」「つくりやすい」「美味しい」3拍子揃ったお料理や「食」「料理」に関する記事を配信しています。
https://oceans-nadia.com/
■Nadia Management
料理家、料理研究家、料理教室講師、管理栄養士が所属しています。
https://nadia-artists.com/

【お仕事のご依頼】
料理家、料理研究家、管理栄養士のメディア出演お問い合わせ、レシピ開発、商品開発のご依頼はこちら(https://nadia-artists.com/contact/)へお願いいたします。

自身の年齢も36歳となり、最近考えることは「時間を有効に活用する」ということ。
なんか当たり前のことを書いていますが、後何年生きられるかとかそれまでにやりたいことをやれるかなとか考えてしまいます。
僕は比較的自分のペース(裁量)で生きている方だと思うので自分を他の人と比べることはあまりありませんが、自分の残りの時間などを考えると、ついつい効率化を考えたり焦ったりすることもあります。

ところで、僕はハワイに行ったことがありません。
「えー!ハワイ行ったことないの!」ってよく言われます。
ないです。

アメリカ本土、アジアは結構行きました。
でもハワイはありません。
死ぬまでにハワイとアフリカには行きたいと思います。
アフリカもありません。
というかヨーロッパもありません。
創業してから6年目。ほとんど休んでないからです。
でも、いつか行きたいです。
そのために、時間をどうやって作るのか、いつ行くのかも毎日考えています。

さて、本題です。
僕は仕事もプライベートもQCDという言葉をすごく意識しています。

Q・・Quality(品質)
C・・Cost(費用)
D・・Delivery (納期)

主に製造業において設計・生産時に重視される3つの視点なんですが、この言葉本当に言い得て妙だと思います。
製品を作るときにはその製品がどんな品質のものなのか、それがいくらで売られるのか、またはいくらの原価がかかるのか。
そしてその納期はいつなのか。
これ考えるのが大事だと言ってます。

WEBサイトの設計もそうですよね。
どんなサイトをつくるのか、それにいくらかかるのか、いつできるのか。

日本の会社はQuality・Cost>>Deliveryという風潮が多い気がします。
でも全ては並列だと思います。
財務諸表から見たら。
僕はDelivery、つまり「時間」を本当に大切にした方がいい、と今日は言いたい。

当たり前ですが経営者として仕事をしていると、売上高総利益よりも営業利益を見ます。
売上高総利益だと、周りのメンバーがどれだけ時間を使って協力してくれたとか自分のコミュニケーションコスト(人権費)とかを考えきれない。
また、納期が遅れると「後工程」の人の待機時間やリカバリー時間もかかる。

あと、「会議」と「資料作成」の時間はほとんどが無駄だと思っています。
必要な話し合いがあるのでしかたなく「会議」をします。
「資料作成」も伝わればOKです。
決めることは立ち話でもできるし。
議論は時間を区切らないと終わりもない。
ほとんどやっている気になっているだけだと思う。
そんな時間は一切なくして、社員や友人や家族との食卓を囲む時間として使った方がいい。


改めて。
僕は時間というものを大切にしたいと常々思っています。
キックボクシングをしていても若い頃のようにはいかないし、スパーリングをしても大学生は元気だし年齢は感じます。
時間に支配されるわけじゃなく、いいお付き合いをしていきたいと思っています。

仕事もプライベートも人間活動の一環。
両方とも時間をもっと大切にしていきたい。




今日の一善:会社のトイレの上がっている便座を閉じた。(ウォシュレットの省エネ)





 

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
少し時間が経ってしまいましたが・・

年末年始は2017年のやることの整理に加え、滅多に会えない幼なじみや学生時代の友人、そして家族と過ごしていました。
普段は事業成長やサービス作りに没頭してしまうので、年末年始くらいは年末年始にしかできないことをしないと。
忙しい日々が続くからこそ、本当に大切なものは忘れてはいけないと思います。

また、普段会えない人や久しぶりに会う人はたくさんの気づきを与えてくれますね。
「おまえこんなこと言ってたけど、今はこうなんだね」なんて言われると、ハッとすることも多いです。
日々、忙しい忙しいと没頭していると知らず知らずのうちに自分の位置も変化している。
ちゃんと自分の位置を定期的に見直すことも必要なんじゃないかと思います。

仕事に没頭して家族や友達との時間を疎かにするのはもちろん、お勧めできません。
忙しいビジネスマンであれば尚更、そういう時間を大切にした方が良いと思います。

さて、経営者としては6年生になりました。
約7,8年ほど会社には勤めていたので、そろそろ同じ年数になりそう。
6年生となると新米経営者とは言えません。
理念や志はもちろん大切にしていますが、今年は「圧倒的な結果」に拘るように更に業務に取り組みたいと思います。
売上、利益、Nadiaのメディア力、Nadia Managementのマネジメント力、Nadia Artistさんへのお仕事のお渡しできる数etc。

「いいわけなし。結果がすべて。それが身の丈。」

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


今日の一善:会社のメンバーにお菓子を配って歩いた。チョコが人気だった。

 

2016年もまもなく終わります。
不定期で更新していた?ブログも本年最後となります。
お付き合いいただいた皆さま、ありがとうございました。

本年はOCEAN'Sは大きく仕掛け、そして飛躍することができました。
Nadia初の料理本「100万人のお墨付き」のリリース。
図1
インターネットを主体に展開しているNadiaのサービス。
出版・書籍という切り口でもサービス展開させていただきました。
たくさんのNadia Artistの皆さまにもご協力いただきました。


そしてオフィス移転。
銀座から日本橋へ移転いたしました。
図3
キッチンステージをエントランスにつくり、「食」「料理」の分野でやっていくぞ!というアピールを再度力強く発信しています。笑
立食で80名ほどは入るので是非ともご活用ください。

新規事業Eatreatのカットオーバー。
図2
栄養士・管理栄養士さんの活動を応援するサイト。
イートリスタと呼ばれる活躍中の栄養士・管理栄養士さんが、管理栄養の仕事の現場、食物の栄養の話などさまざまな情報をお届けします。


他にもまだまだたくさん色んなことをやりましたが・・
この3つが大きかったかな、と思います。
この3つの仕事のうち全てが、昨年には形はなく今年に入ってから企画実行したもの。
ご協力いただいた関係者の皆さま、ありがとうございました。

大きな投資を伴うものもありましたが、走りながら考え実行しました。
本当に今の時代は何がヒットするか、受け入れられるかわからない。
そしてヒットしたサービスでも、それがいつまで続くかわからない。
腰を据えて熟考しても、実行する頃には時代が変わっている。
経営者としてサービスプロバイダーとして活動してても、本音はいつもヒヤヒヤしています。

アイデアだけでは価値がない。
エグゼキューションこそがすべて。
そして「速いは正義」。

2017年もその精神で邁進します。
「食」と「料理」で人と人をつなぐ。
その理念もぶれることなく。
力強く、速く速く速く!

本年はどうもありがとうございました。
2017年のOCEAN'Sにもご期待ください。


今日の一善:友達の子どもに大人の方が楽しいから楽しみにしててと伝え、勉強することの重要性も伝えた。

















 

↑このページのトップヘ