日本橋から食文化を発信する。OCEAN'S社長 葛城嘉紀のブログ

レシピサイト「Nadia」、料理家マネジメント「Nadia Management」、料理研究家育成学校「Nadia Artist Academy」を運営しています。 東京日本橋から「食」や「料理」の情報をお届けしています。

OCEAN'S代表取締役社長CEO。
プロのレシピサイト「Nadia」、料理家及び料理研究家のマネジメント「Nadia Management」の運営、料理研究家育成校「Nadia Artist Academy」を運営しています。
アマチュアキックボクサー。ゴールドジム。食と料理と格闘技をこよなく愛する経営者です。

■Nadia
「写真がきれい」「つくりやすい」「美味しい」3拍子揃ったお料理や「食」「料理」に関する記事を配信しています。
https://oceans-nadia.com/

■Nadia Management
料理家、料理研究家、料理教室講師、管理栄養士が所属しています。
https://nadia-artists.com/

■Nadia Artist Academy
料理研究家マネジメント事務所が運営する料理研究家育成校です。
https://oceans-nadia.com/academy/

【お仕事のご依頼】
料理家、料理研究家、管理栄養士のメディア出演お問い合わせ、レシピ開発、商品開発のご依頼はこちら(https://nadia-artists.com/contact/)へお願いいたします。

だんだんと温かくなってきました。
早朝のゴールドジムに行きやすくなってきました。
朝7時のオープンに並んでいるメンバーはいつも同じ顔ぶれ。
トレーニングの後、みなさんばっちりネクタイ締めて出社されています。
素晴らしい。
僕も頑張ろう。

さて、先日リクルート新規事業開発室時代の後輩たちに誘ってもらい約何年ぶりか?というくらいに僕含めて6人で飲みました。
退職してかなり時間が経つにもかかわらず、こういう会に呼んでもらえるのはありがたいです。
僕が27歳くらいの時の新入社員たち。
全員32、3歳で独立したり転職したりと様々でした。

その中の一人が先日オフィスにも遊びに来てくれまして、「OCEAN'Sに訪問した時に、何が驚いたって。すれ違う社員さん全員が挨拶してくれたこと!」と言ってくれました。
「受付前に居ても、『誰か用件は伺ってますか?』と声もかけてくれた、それも複数人」と。

いや~。
嬉しい。
よかった。
ありがとう、みんな。笑

挨拶は「人間のあたりまえ」であると同時に、最強のビジネスツールだと思っているので弊社社員が実践してくれていてよかったです。
挨拶文化をどうやって定着させたかというと、一言で言うと「率先垂範」と「根気」と「少しの人事評価の設定」なのですが、僕らもこの取組をしてから業績が上がりました。
会社が生まれ変わったかのような。
実践してくれているメンバーを誇りに思います。


モチベーションって凄く大切ですね。
多くのコンフリクトは人と人との関係性だと思います。
人は傷つきたくないし、心労したくない。
ちょっとあの人と喧嘩しても、「おはよう」の一言でなぜか元通り。


毎日の挨拶だけで「あ、うん」の呼吸を創り出し、オペレーションコストもコミュニケーションコストも下がる。
何とも素晴らしい。


ということで、挨拶頑張ります。
最近は若い人の方が挨拶きちんとやっている気がする。意識が高い気がする。
負けてられないぞ、と。



今日の一善:若手社員の成長をほほえましく見守った。





久しぶりにブログを更新してみます。
先日、昨年弊社の営業メンバーが結婚しまして、そのお祝いを料理家の皆さんにお祝いしていただきました。
ここでいくつか嬉しいなと思ったポイントがあったのですが、1つ目は結婚しようと決断したこと。
マンションの1室で低い給与の状態からスタートした会社の社員が結婚するなんて!
少なくとも結婚できる状況であると自分の状況を判断したに違いないと思うのですが、(周りの皆さんのご協力があり)いつの間にか社員が結婚したり、キッチンステージができたり随分会社も成長したのだと実感しました。

2つ目は料理研究家の皆さんにお祝いしていただいたこと。
キュレーションメディアや記事メディア、CGMモデルのメディアなど、こんなにたくさんあるインターネットメディア事業会社。これほどまでに外部のコンテンツを提供くださる方々に良くしていただき、支えていただいている企業がいくつあるのか?と。
当たり前ですが、僕らの会社は社員の僕らだけじゃないのだと実感したのです。

また、社内恋愛もあるようで、それも僕としては嬉しいこと。
会社にはただ単純にお金を稼ぎに来ているだけではなく、色んな物語がある。
それを経営者としては一部関与できたことは非常に嬉しい。
ただ、社内恋愛には「ー人ー回、一生懸命」というルールがありますので、言わずもがなですが手当たり次第は御法度です。


長く時間を共にしたり、価値観を共有する「会社」という場所こそ、学びや良い意味での出会いを提供できる場であると考えています。
事業成長させることは、そういった文化を成長させることにもつながる、ということかなと思っています。


今日の一善:ブログを久しぶりに更新した。










こんにちは。 
朝からSNSやニュースをピックしていると、友人の経営者がシェアしていた興味深い記事がありましたので取り上げてみます。 


いつの間にか「仕事熱心」をやめた日本人

2018/1/5 23:21

「日本人は仕事熱心」という常識はもはや過去のものかもしれない。米調査会社のギャラップが昨年公表した、仕事への熱意(エンゲージメント)についての国際比較によると、日本で「仕事に熱意を持って積極的に取り組んでいる」従業員の比率は全体の6%。調査した139カ国のなかで132位と、最下位級にとどまった。

ほかの調査でもほぼ同様の結果が出ている。与えられた仕事を指示通りにこなす受け身の勤勉性はそれなりに高いものの、自ら主体的に仕事に取り組む姿勢に欠ける現状は非常に心配だ。

働き手の熱意の低い職場から目の覚めるようなイノベーションが生まれないのは自明だろう。企業業績と社員の熱心さの間には強い相関関係があることも知られている。日本企業の収益力が低い一因は社員の熱意不足ではないか。

仕事の「やらされ感」が強まれば、不祥事や労働災害も起こりやすくなる。政府が旗を振る生産性革命も、個々人が旧態依然の仕事ぶりを改め、新たな働きかたに挑戦しようとしなければ、絵に描いたモチに終わる。各人の熱意を引き出し職場を活性化することは、各企業にとっても日本全体にとっても待ったなしの課題である。

かつて旺盛だった「仕事熱心さ」が後退した理由のひとつは、人員の年齢構成のいびつさだろう。若い人が新しいアイデアを出しても、職場で多数派を占めることの多い中高年層が抵抗し、はね返される。そんなことが繰り返されれば、あきらめムードが広がり誰も何も言わなくなる。

昨年、経済産業省があえて若手官僚ばかりのチームをつくり大胆な提言を発表して話題を呼んだ。企業もトップの肝煎りで、若手を思い切って登用するといった、年功序列の延長線上にはない試みを積極的に仕掛けるべきだ。

外部人材の導入も組織の刺激剤になる。パナソニックは外資系IT企業の元幹部を要職にスカウトし、官僚的な社内風土に風穴を開けようとしている。

派手な取り組みだけでなく、地道なことの積み上げも大切だ。直属の上司とのコミュニケーションの多い職場ほど、若手の熱意が高いという結果も出ている。

どんな人間を管理職に起用すれば職場が活気づくのか。経営者や事業責任者は十分な目配りをしてほしい。それこそが企業の盛衰を決めるカギかもしれない。


https://r.nikkei.com/article/DGKKZO25406090V00C18A1EA1000


良記事で、三連休最終日に身が引き締まりました。 
自分も経営者としても、30代後半という年代という観点でも、若手がモチベーション高く「熱心に仕事をする状況」を作り出す責務があります。 
僕らより上の世代はそういう環境を作り出すべきだし、若手はそれに呼応してくれるのだと思います。 
シニア世代はどうしても人から指摘される機会が少なくなり、考えが固まっていく傾向がありますが、柔軟性のある先輩になっていきたいものです。 

一方で、若手も若い時期だからこそ一生懸命仕事をすべきです。 
遊びも全力であるべきだし、働き方改革を考えることやワークライフバランスをとることは非常に重要ではありますが、「熱心に仕事をする」という部分がなくては本末転倒であると思います。 


これから企業は社員がどうすればモチベーション高く、継続してハイパフォーマンスを発揮し続けられるかを経営者、社員、アルバイトさん全員で考えることが求められます。 
経営者の「率先垂範」は言わずもがなでありますが。 



今日の一善:長い階段の下で大きなスーツケースの横で待ちぼうけしている海外旅行客らしき女性がいたので日頃のゴールドジムの成果を出すべく上に運んだら、ムキムキの旦那さまらしき人が上で待ち構えていた。デカかった。 

↑このページのトップヘ