Nadia株式会社 代表取締役社長CEO。
プロのレシピサイト「Nadia」、料理家及び料理研究家のマネジメント「Nadia Management」を運営しています。
アマチュアキックボクサー。ゴールドジム。食と料理と格闘技をこよなく愛する経営者です。

■Nadia
「写真がきれい」「つくりやすい」「美味しい」3拍子揃ったお料理や「食」「料理」に関する記事を配信しています。
https://oceans-nadia.com/

■Nadia Management
料理家、料理研究家、料理教室講師、管理栄養士が所属しています。
https://nadia-artists.com/

本日12/25にNadiaは8周年を迎えることができました。
ユーザーの皆さん、Nadia Artistの皆さんをはじめ、関わる全ての方に感謝申し上げたいと思います。
ありがとうございます。

今年はコロナ禍で先行きの見えない不安定な一年でした。
そんな中、皆さんのおうち時間が増えたタイミングで家庭の食卓に少しばかり貢献できたのではないかと思います。
地元の友達から「家族のために今年はNadiaをたくさん使っているよ」という声を聞くのがモチベーションでもありました。
8年前には勿論、コロナは予測できていませんでしたが「食で。誰かのために」を理念にNadiaをカットオーバーさせてよかったなと今日は実感しています。

社員の皆も朝令暮改な意思決定の中、臨機応変に非常に頑張ってくれました。
本当に感謝です。
そして卒業していった社員の皆の頑張りが土台にあるからこその今。
彼ら彼女らのその功績は消えることも忘れられることもありません。
本当にありがとうございます。

まだまだ不安定な時期が続きますが、NadiaはNadiaの仕事をしたいと思います。
家庭の食卓を少しでも幸せにできるよう、一層邁進して参ります。
引き続きよろしくお願いいたします。


今日の一善:駅の階段でおばあちゃんの大荷物を運んだ。(最初信用されてない感じだった..)






2021年1月14日に「Nadia magazine vol.1」が発売されます。
Nadiaには時短簡単レシピからおもてなしレシピまでたくさんのレシピが掲載されています。
ひとえにNadia Artistの皆さんの個性があるから。

今回のテーマは超時短おかず。

132193695_4888297931242971_1889695603494661315_n

時短簡単おかずをテーマにしているので、鶏むね肉レシピなどが得意なNadia Artistの皆さんがフィーチャーされています。
Nadiaにはもっと色んなテーマを得意としたArtistさんがいるのでもっとたくさんご紹介したいのですが、それは次号以降に。。

ワンパブさんはじめ関わる全てのスタッフの皆さまは勿論、今回掲載されていないNadia Artistの皆さまにも感謝申し上げます。
これからも日本の食卓に貢献できますよう、スタッフ一同努力して参ります。
これからのNadiaにもご期待ください。


今日の一善:コロナの影響を受けている知り合いの居酒屋でボトルキープした。




Nadiaのロゴを変更することにしました。
新しいロゴはこちらです。

130251113_148159986647578_676632925891347380_n

机にこだわってみたり、テーブルクロスにこだわってみたり。
各ご家庭でお父さんやお母さんは少しでも家族が幸せな気分になれるように何か食卓に工夫していると思います。

我が家には子どもの頃からいつも食卓には一輪挿しがありました。
少しでも家族が幸せであるように、団らんであるようにと母が置いていました。
いつも僕たち家族はその一輪挿しを囲んで食事を楽しんでいました。
僕にとっては幸せや真心の象徴だったのです。
Nadiaの「N」の花はその幸せや真心の象徴である花が添えられています。

そして今回、「Nadia=食」のイメージをより強くするためにカトラリーをつけました。
食のシンボルには包丁やお箸など...色々ありましたが離乳食の赤ちゃんからお年寄りの方まで全ての人が使うであろうスプーンとフォークにしました。
つくる人より食べる人を想像しました。
「食で。誰かのために」です。

全体のブラウンに薄いブラウンがかかっているのはテーブル(食卓)をイメージしています。
こちらは旧ロゴを踏襲しています。

テーブルの上に幸せと真心の象徴である花、そしてみんなが使うカトラリーがある。
それは僕らが目指す「食」で人々が幸せになっていくことを表現しており、見る人が少しでも想起すれば嬉しいなと思っています。

ロゴって不思議ですよね。
色んな想いやアイデンティティーがこんなに小さくまとまっているのですから。


今日の一善:元気のなさそうなコンビニ定員さんに明るく接した

↑このページのトップヘ