OCEAN'S代表取締役社長CEO。
プロのレシピサイト「Nadia」、料理家及び料理研究家のマネジメント「Nadia Management」の運営、料理研究家育成校「Nadia Food Academy」を運営しています。
アマチュアキックボクサー。ゴールドジム。食と料理と格闘技をこよなく愛する経営者です。

■Nadia
「写真がきれい」「つくりやすい」「美味しい」3拍子揃ったお料理や「食」「料理」に関する記事を配信しています。
https://oceans-nadia.com/

■Nadia Management
料理家、料理研究家、料理教室講師、管理栄養士が所属しています。
https://nadia-artists.com/

■Nadia Food Academy
料理研究家マネジメント事務所が運営する料理研究家育成校です。
https://oceans-nadia.com/academy/

【お仕事のご依頼】
料理家、料理研究家、管理栄養士のメディア出演お問い合わせ、レシピ開発、商品開発のご依頼はこちら(https://nadia-artists.com/contact/)へお願いいたします。

こんにちは。
本日で10月に入りました。
弊社も世間の会社と同じように、内定式を行いました。
来年2020年の4月に男子が2名入社してくれます。
2人とも学生時代にインターハイに出場している体力自慢なのですが、どうやって成長してくれるのか楽しみです。

僕らの世代が就職した2000年代前半から中盤は就職氷河期でした。
みんな何十社も受けて、どこかに引っかかれば良いという時代。
今の売り手市場とは大きく違う環境でした。

僕は新卒でソニーミュージックエンタテインメントに入社しました。
当時なかなかの倍率だったと聞きましたが今の音楽業界はそこまで人気企業ではなくなったと同期から聞き、十数年経つと時代は変わるんだということを再認識したのを覚えています。
そりゃそうですよね、会社は時間が経てば変化します。

大手総合商社なんかはビジネスモデルの転換期もあったため、僕が就職活動中は「商社はいずれなくなるビジネス。変革しなければ道はない」と人事担当の方がご自身でおっしゃっていたのが印象的でしたが、伊藤忠商事はじめ、新たなビジネスをたくさん生み出しています。
当然、今では人気企業のGoogleやFacebookなんかも就活生の選択肢にはありませんでした。
そもそもFacebookは会社として存在すらしてませんでしたし。

10数年経過すれば大きく変わるものです。
本日、内定者の方には「今のビジネスは永遠に続かない。今あるものは永遠ではない。自分たちが生み出し続けなければならない。」ということを伝えました。
「そのためには自らを研鑽し続けなければならない。それが結果的に『安定』となる」というメッセージを伝えました。

弊社のようなベンチャー企業の門を叩いてくれた人には「言わずもがな」かもしれませんが、会社組織から与えられるのではなく、会社組織を活かして自己成長させるという気概を持ってもらいたいと思っています。
自分の人生、なりたい姿になるために。
それくらいの執念があれば、仲間は当然協力してくれるはずですし、上司はそれを見逃してはならない。


今日の一善:家族旅行に行くというメンバーに対して、いいお店を教えた!












こんにちは。
少しずつ涼しくなってきましたね。
汗ばむことはなくなりましたが、季節の変わり目なので体調など崩さぬよう、、お気をつけくださいね。

さて、僕が家の近所にあるボクシングジムに通い出して10ヶ月。
場所柄、フィットネス目的のサラリーマンの方が多いのですが。
僕がほぼ毎日通っている目的として「生物として強くなる」というものがありますが、それ以外に「ジムでお目にかかった方に知らない人にも挨拶をする」という目標を掲げています。
全く知らない人にも。
すれ違ったり、目が合ったら挨拶する。

正直できあがってるコミュニティに、そういうスタンスでいくのはちょっと恥ずかしいし躊躇するのですが、自分の中で何かが変わる気がしまして。
※元々人見知り。。

10ヶ月ずっと続けてます。
そうすると変化が起き始めました。

「今日、遅いですね!」
「あれ?焼けました?」
「新しいシューズですか?」

なんて声をかけてもらえることが増えてきました。
挨拶して、挨拶が返ってくると気持ちいいですね。
コミュニティで自分を認識してもらえるのも嬉しいです。
ボクシングの場合は、どうしても個人練習だけでなくスパーリングしたり、フォームを見てもらったり、1人で黙々とやるより仲間と練習した方が遙かに時間あたりの効率が上がります。
上質なコミュニティに所属していると、密度の濃いトレーニングを過ごすことができるのです。
「葛城さん、ちょっと右ストレート撃つ時に肘が下がってますよ」とアドバイスをいただけることも。
明らかに得です。

挨拶を積極的に行っていますが、もちろんその声が届かないことも多々あります。
でも、めげずに10ヶ月くらい続けていると相手にも変化が現れます。
「相手も故意に無視したわけではなく、たまたま聞こえなかったんだ」ってこともあります。
継続することって大切です。
1回で自分の声を相手に届けるのは非常に難易度の高いことだと思います。(一喜一憂する必要ない)
僕らも誰かに何かを言われて、1回で意図を理解するのは難しいでしょうしね。


よいと思ったことを、続ける。
続けるって本当に大切なんだなとこの年になって改めて思います。


今日の一善:執行役員に牛丼をおごった!


こんにちは。
最近は2021年の採用活動が少しずつはじまったり、事業拡大により中途採用面接があったり。
僕自身も採用活動に勤しんでいます。

さて、先日ある若い学生さんと話すことがありまして。
「好きなことを仕事にしたい。好きなことで生きていきたい。だから●●を仕事にしたい」という想いがある旨を聞きました。
また、弊社OCEAN'SもNadiaを運営していることから「私にはお料理しかないのです。好きなことを仕事にしたいのです。」と面接でお聞きすることもあります。

「好きなこと」の定義が非常に難しいところではありますが、基本的に僕はそれは90%以上難しいと考えています。
一部の「すごい人」がYouTuberとなって稼いだり、オンラインサロンを展開していますが、いきなりできるものじゃない。
それまでにその方は尋常じゃない努力をしたり、それに運が重なったり。
結果論なんじゃないかなと思います。


お料理が好きだから弊社に入社したいと思ってくださるのは、そもそもありがたいことですし悪いことだとは思いませんが、お料理が好き「だけ」では難しいとも思います。
お料理という事業ドメインにおいて、「ビジネスをやりたい方」「自己成長したい方」とご一緒したいと考えています。
事業成長させることで周りの方に幸せをもたらす、「全ての行動は誰かのために」が弊社の根底にあるので。
ご自身がお料理が好きで、ご自身のためにお料理を仕事にするのではなく、誰かのためにお料理を仕事にしてもらえると良いかもしれません。

僕は、仕事というものはそもそもが憂鬱なものだと思います。
みんながやりたくない、もしくは成し遂げるのが難しいからこそ金銭という対価を得られるので。
「葛城さん仕事きらいですか?」と聞かれると好きです。笑
2秒前に言ったことから、いきなり意見を変えてるように聞こえますが(笑)、「大変なことも多いですがそれ以上に得られる喜びや成長がある」という表現かなと思ってます。
なので、単純に好き嫌いという基準だけでは語ることができないのです。

ベンチャー経営をしていると「葛城さん何のために働いているのですか?」ってたまに聞かれるのですが、迷わずに答えるのは「まずは生きるため」です。
もちろん、それだけで完結する話では全くないのですが、「まずは生きるため」です。
正確に言うと、メンバーのみんな、料理家さん、クライアントさん、その他関わるパートナーさん、そして自分とその家族が生きるためです。
話はそこから、と考えています。
そして自己実現へと続きます。(これも凄く大切)

今日の一善:健康のため二駅分あるいた。区間短いところですが。







↑このページのトップヘ