日本橋から食文化を発信する。OCEAN'S社長 葛城嘉紀のブログ

「すべての行動は誰かのために」 東京日本橋から食文化を発信しています。 レシピサイト「Nadia」、料理家マネジメント「Nadia Management」、料理家育成学校「Nadia Artist Academy」を運営しています。

OCEAN'S代表取締役社長CEO。
プロのレシピサイト「Nadia」、料理家及び料理研究家のマネジメント「Nadia Management」の運営、料理研究家育成校「Nadia Artist Academy」を運営しています。
アマチュアキックボクサー。ゴールドジム。食と料理と格闘技をこよなく愛する経営者です。

■Nadia
「写真がきれい」「つくりやすい」「美味しい」3拍子揃ったお料理や「食」「料理」に関する記事を配信しています。
https://oceans-nadia.com/

■Nadia Management
料理家、料理研究家、料理教室講師、管理栄養士が所属しています。
https://nadia-artists.com/

■Nadia Artist Academy
料理研究家マネジメント事務所が運営する料理研究家育成校です。
https://oceans-nadia.com/academy/

【お仕事のご依頼】
料理家、料理研究家、管理栄養士のメディア出演お問い合わせ、レシピ開発、商品開発のご依頼はこちら(https://nadia-artists.com/contact/)へお願いいたします。

こんにちは。
なかなかブログの更新頻度は相変わらずですが、頑張って参りたいと思います。

さて、最近出会った「存在承認(アクノリッジメント)」という言葉を意識しています。
みなさん、もしかしたら?聞き慣れない言葉かなと思いますが、要は「相手の存在を認める」という言葉、行為のことをさします。
「君がそこに存在していることを、僕はちゃんと気づいているよ」というメッセージをきちんと伝えること。
つまり存在を認めているということです。
相手は認められることで安心したり、モチベーションが高まるのです。

人間には承認欲求というものがあり、褒められたり必要とされると例え小さなことでもモチベーションが上がったり、意識が向上します。
逆に必要とされていないと感じたり、放置されると人はやる気を失う。

現代の会社のマネジメントは数年前とは変化しつつあり、「褒める」マネジメントなども幅広く受け入れられています。
僕が社会人一年目の時は叱られて叱られて、打たれて打たれてというマネジメントが中心でしたが最近は随分と変わってきましたね。
※僕は褒められて伸びるタイプじゃないので打たれて良かったですが。

今は人の考え方も多様化し、誰でも簡単に情報収集もできる。
人間は選択権をたくさん持ち、選ぶことができる。
会社生活の中だと、働く人は最適な環境で最適なパフォーマンスを発揮することを求めます。
我慢が美徳という考えも以前ほどは受け入れられないと思います。
そんな中で、「存在承認」という考え方は企業のマネジメントにおいて有用だと考えています。

では「存在承認」って具体的にどうやればいいの?という事になりますが。

・相手を名前で呼ぶ
・相手の変化に気づく(髪の毛を切った、新しいスーツ、ネイルなど)
・相手のファインプレーを見逃さずに褒める
・失敗したとしても、その中で得たものを明確にしてあげる(チャレンジしたこと自体の承認、学んだ教訓の承認)

など。
他にもまだまだありますが、わかりやすいのはこの辺りでしょうか。

マネジメントにおいて単純に叱るのではなく、褒めましょうと言われてもなかなかリーダーでも難しい話かと思います。
何のために褒めるの?
思ってもないのに褒めるの?
など。

しかし、「存在を承認する」という解釈であれば理解が良いのではないでしょうか。
良いことも、悪いことも、「貴方がいることをわかっている」という考え方は僕には非常に理解しやすいアプローチでした。


今日の一善:妻が作ってくれたお弁当を全力で喜んだ。

先日は元コンボイショーの右近さんとやるせなす石井さんと久しぶりにお目にかかりました。
同じ日本橋繋がりということで懇意にしていただいております。

30729080_1986897498049710_650778401082179584_n

お二人は「オハヨウ劇場40分!」という公演を日本橋のカフェで朝8時からやっており、一度観劇させていただきましたが「日本の朝を元気に!」というコンセプトが本当に良くて。
一気にファンになってしまいました。


【オハヨウ劇場40分!】
http://ukonyoshiyuki.com/ohageki.html


公演は日本橋の普通のカフェで行われ、カフェ中を役者さんが動き回ります。
リアル感がすごい!


僕が好きなのは出社前のビジネスマンやOLに元気になってもらうというコンセプトでやっているところ。
公演は朝から笑えるし、そして考えさせられるメッセージもきちんとある。
そして何より公演の終わりに「それでは、いってらっしゃい!」って言ってくれる。

僕も大阪から東京に出てきて長く一人で生活していました。
「いってらっしゃい!」って言われることなんか少ないし、なんだか一人で出社するのは寂しい。
そんな人たちに爽やかな朝を与えてくれるのがオハ劇なのです。
いってらっしゃい、嬉しいですよ。笑


朝を制する者は1日を制する!
自分の機嫌は自分でとる!
朝活派の僕にはぴったりの考えでした。
是非ともチェックしてみてください。


なんだか、音楽と事業とか、舞台とスタートアップとか。
企業が出来ることは本当に無限大だ。


今日の一善:電車でコロコロ転がって皆んなが避けていた空き缶を拾って捨てた。
















日本橋の桜も散り始めましたが、季節はめっきり春となりました。
弊社でもコートを着て出社するメンバーも少なくなりました。
(もうほとんどいないか。)

週末は毎年恒例のOCEAN'Sの社員旅行へ。
メンバーのみんなと一緒にサバゲーしたり、人狼したり、いちご狩りをしたり^^
若いメンバーとも懇親できました。
(それにしてもみんなお酒が強い)

さて、株式会社OCEAN'Sは4/1より第7期目に突入いたしました。
新たに新入社員を2名迎え、オフィスには早速新しい風が吹いています。
若い力が活躍できるように、プレイヤーとしての心も忘れず、経営トップとしてメンバーのみんなによりよい環境を提供できるように尽力したいと思います。


世間では料理ブームがまた到来しておりますが、僕らのレシピサイト「Nadia」も月間300万人ものユーザーに愛用いただけるまでに成長しました。
お料理を楽しみたい、お料理を通して人と繋がりたい、そんなユーザーの方にもっと愛用いただけると幸いです。

気候は陽気ですが、新年度気持ちを新たに事業に邁進いたします。
本年度の株式会社OCEAN'Sにも是非ともご期待ください。


今日の一善:月曜日は掃除当番なのですが、率先してグリストラップの清掃をかってでた。







↑このページのトップヘ