OCEAN'S代表取締役社長CEO。
プロのレシピサイト「Nadia」、料理家及び料理研究家のマネジメント「Nadia Management」の運営、料理研究家育成校「Nadia Food Academy」を運営しています。
アマチュアキックボクサー。ゴールドジム。食と料理と格闘技をこよなく愛する経営者です。

■Nadia
「写真がきれい」「つくりやすい」「美味しい」3拍子揃ったお料理や「食」「料理」に関する記事を配信しています。
https://oceans-nadia.com/

■Nadia Management
料理家、料理研究家、料理教室講師、管理栄養士が所属しています。
https://nadia-artists.com/

■Nadia Food Academy
料理研究家マネジメント事務所が運営する料理研究家育成校です。
https://oceans-nadia.com/academy/

【お仕事のご依頼】
料理家、料理研究家、管理栄養士のメディア出演お問い合わせ、レシピ開発、商品開発のご依頼はこちら(https://nadia-artists.com/contact/)へお願いいたします。

こんにちは。
東京は最近めっきり暖かくなり、もう春が来るのかなと期待しています。

最近のニュースで気になったものを。
メルカリがOrigamiを買収しました。


■Origami買収 対PayPayで消耗した企業価値
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55508950S0A210C2000000/


キャッシュレスのパイオニアであったOrigamiがメルカリに買収されました。
Origamiの方を直接存じ上げないのですが、PayPayとの戦いで消耗したと記事には書かれています。
キャッシュレス業界は現在群雄割拠状態で非常に熾烈な競争が繰り広げられています。
(そういえば義父が小売業をしているのですが、信用金庫の営業の方がOrigamiを販売に来られたそう)


PayPayは100億円キャンペーンなどの施策でユーザー数を獲得しており目を引きますが、導入店舗の獲得が地道な飛び込み営業だという記事を見つけました。



■富士山頂まで「PayPay」スゴ腕の営業に密着してみた 地方で見たキャッシュレス最前線
https://news.livedoor.com/article/detail/17750976/


キャッシュレスを加速させるには「使うユーザー」を獲得しないといけませんが、「導入店舗」も同時に増やさなければなりません。
リクルートでも「リボン図」というものがあり、例えば住宅領域事業ならSUUMOを見るユーザーさんの増加施策と同時にSUUMOに掲載する不動産会社さんの増加も実現しなければならない。
どちらか一方だけでは駄目で、両サイドから大きなリボンを作るように「ユーザー(カスタマー)サイド」「クライアントサイド」を増加させなければならない。


コメント 2020-02-14 104400


僕もSUUMO事業に所属していましたが同じ戦略で、ユーザー(カスタマー)サイドを増やすのはキャラクターを使った圧倒的なCM投下で派手に見えますが、一方で地道な営業と効果創出を武器にクライアントサイドもすごい勢いで増やしていました。
ユーザーサイド、クライアントサイド共に重要であり、そしてその戦略は大きく異なるというイメージです。

既に日本は撤退してしまいましたが、ソフトバンクグループが出資していたインドのホテル事業OYOの加盟店を増やす戦略も圧倒的な量の電話営業であったように、ソフトバンクという会社は積み上げる営業力があり、本当にパワーで押し切ることができる凄い会社だなと思います。

キャッシュレスはユーザーの購買行動をトラッキングできるので、Tカードさんが力を入れられていたようにPayPayはじめ各社が是が非でもとりたい分野であるのは間違いない。
大きな市場で、大手と戦うことはベンチャーにとって非常に難しいことなのだなと改めて思うわけです。

僕はOrigamiがその道に早くから入り、「日本は紙幣の信用性が中国と違って高いので、○○ペイなんて成功しないよ!」と言われてもチャレンジし続けたことは凄いことだなと思います。
申し訳ないですが、僕も最初懐疑的でした。
ここまで市場が盛り上がると思っていませんでした。
一方、Suicaが本気だしたら構図は変わるんじゃないかとも思ってしまいますが。

ビジネスの未来は本当に予測が難しいと思う。
何が当たるかもわからない。
でもやらないと成功はない。
チャレンジャーに賞賛をおくり、失敗に寛容になる文化が日本で加速することを願いますし、ベンチャー経営者としてはその文化醸成の一躍を担いたい。

※文章として広義の意味で「失敗」と書かせていただきましたが、長いスパンで見れば「失敗」ではないと感じています。
関係者の皆さま、おつかれさまでした。
陰ながら応援させていただきます。













こんにちは。
最近こころがけている戦略というか自分の考え方の話を少ししたいと思います。

「P/L思考ではなくBS思考」

であるということ。
P/Lというのは「Profit&Loss Staement」の略で日本語でいうと損益計算書ですね。
超ざっくり表現すると、”売上”ー”原価”=”利益”を表現しています。
月次決算している会社だと一ヶ月の売上と原価からどれだけ利益が出たか(=儲かったか)がわかります。
つまり短期的な評価指標という側面があります。

一方、BSというのは「Balance Sheet」の略で日本語でいうと貸借対照表です。
貸借対照表を見れば、その企業にはどれだけの資産(土地や建物、システムなど)や負債(借り入れなど)があるのかがわかります。
BSには長期的な評価指標という側面があります。

例えば我々はNadiaというメディアを運営しておりますが、Nadiaを作ってもいきなり売上や利益がアップするわけではなく、(減価償却などはありますが)長期的な資産として、積み上げて(育てる)将来の収益につなげていくわけです。
未来に向けて、育てられるか、積み上がっているのかを見なければならないのです。

事業においても人生においてもこのBS思考というもの今意識しています。
例えば事業。
目先の利益を気にせず、将来の投資や積み上げができているか。
短期的なユーザーの閲覧数を追うのではなく、ファンを増やすことができているのか。
僕らのコミットは大前提ですが、僕らのことを大切にしてくれるクライアントさまと関係性が築けているか。
良いことも悪いことも言われるけど、その人がOCEAN'Sの未来に期待してくれているのかどうか。

人生においても。
自分が相手を大切にするのは前提ですが、相手も自分を大切に想ってくれているのかどうか。
怒られたり苦言を呈されたりしても、その人と自分が未来を語れるのかどうか。
自分の未来に期待してくれるのかどうか。
それがあるかないかで、同じ言葉でも悪口なのか愛のムチなのか大きく変わってくる。

今年、40歳を迎えますが振り返るとたくさんのものが積み上がってきました。
幼なじみ、小学校、中学校、高校、大学、前職の友達。
経験やスキル。
OCEAN'Sにかかわるたくさんの皆さま。

生きていると、世の中の変化や体調の変化などもあり、ついつい焦ったり急いだり。
その瞬間の気持ちに流されて失敗することもありますが。
短期的な利益やその一瞬の気持ちに流されることなく、「積み上げられるのか?未来を語ることができるのか?期待することができるのか?」という気持ちを大切に日々生きていきたいと思っています。
もちろん、それは事業戦略に反映させます。


年末年始の家族との会話、旧友との再会、年初からのOCEAN'Sメンバーとの飲み語りを経て上述の想いが一層強まっています。
ない物ばかり数えるのではなく、ある物を数える。
積み上がっていく未来に期待する。
人生にも事業にも強く反映させていきたいものです。

おはようございます。
おととい12/27(金)で弊社は2019年のお仕事納めをさせていただきました。
みなさま、ありがとうございました。
僕はというと、毎年のごとく実家で家族や親族と平穏に過ごす予定です。

2019年は非常に変化のある年だったと思います。
OCEAN'SでいけばNadiaは8年目に突入しデイリーユーザー数70万人の到達など会社としては大きく前進した年でした。


一方で、社会にも大きな変化が起こりだしたと感じています。
2019年4月からはじまった働き方改革。
2020年4月からは300万社以上ある中小企業にも適用されます。
労働時間の減少ですね。
さらに人口減少による、労働人口の低下。
働く人の労働時間も、働く人も減っていきます。
企業は大変です。

その状態でAIの登場やさまざまなASPサービスの選択が可能となり、企業としても「働く人が必要ない」時代への加速しています。
僕が新卒入社した15,6年前から考えても、多くの仕事がなくなりました。
そもそも僕がやっていた職種もなくなりつつあるようです。
「働く人が減る」✖「働く時間が減る」✖「働く人が必要なくなる」。
すごい変化です。

2020年からは働く人の数ではなく、働く人の質が更に重要になると思います。
企業としては数で圧倒する労働集約モデルから、仕組みや知恵をつかったビジネスモデルに移行する必要があります。
最小限でより筋肉質な企業をつくらねばならない。

もはや死語なのかもしれませんが、学歴社会も徐々に消えていくでしょう。
よい大学に入って大きな企業に入ることの強みは大きく減少し、自分の強みをどうパフォーマンスしていくのかが重要となってきます。
大学に行っていない優秀なエンジニアさんにニーズがあるのは一つのわかりやすい例です。
偏差値の高い大学を出ているから、キャリアがあるから、年齢が上だからという理由で好待遇を望むことは難しい。
むしろその企業へのカルチャーフィットの方が好待遇になることが多い。
学歴がなくても、若くても、キャリアがなくても、この時代の流れを理解することでいつでもリーダーになるチャンスはあります。

女性の社会進出という言葉が使われて久しいですが、それも解釈が少し変わるでしょう。
そもそもバリバリ働くことだけが人の幸せではありません。
(特に女性に対して思いますが)22,23歳で大学を卒業してキャリアを積むということ自体おかしいと僕は思っています。
家庭を作る、子どもをつくるという選択肢を女性に十分考えてもらうためには、18、19歳くらいから社会に出る選択肢を持ってもらった方がいい。
大学にいかなくてよいという意味ではありません。優秀な女性には高校や大学もどんどん飛び級させて早く卒業してもらって社会に出てもらった方がいい。


2020年から企業は変化を求められます。
従来型の経営では利益を創出することも難しくなってきます。
年功序列やフォーマットにはめた組織戦略では成長できない。
同時に働く人も意識を変化させていかねばならないでしょう。
会社に依存するのではなく、会社を活用していく、会社から必要だと思わせる。
双方に意識の変化が求められると思います。
お互いがお互いにとって本当の意味で価値のある存在にならないけばならないでしょう。


↑このページのトップヘ