OCEAN'S代表取締役社長CEO。
プロのレシピサイト「Nadia」、料理家及び料理研究家のマネジメント「Nadia Management」を運営してます。アマチュアキックボクサー。ゴールドジム。食と料理と格闘技をこよなく愛する経営者です。

■Nadia
「写真がきれい」「つくりやすい」「美味しい」3拍子揃ったお料理や「食」「料理」に関する記事を配信しています。
https://oceans-nadia.com/
■Nadia Management
料理家、料理研究家、料理教室講師、管理栄養士が所属しています。
https://nadia-artists.com/

【お仕事のご依頼】
料理家、料理研究家、管理栄養士のメディア出演お問い合わせ、レシピ開発、商品開発のご依頼はこちら(https://nadia-artists.com/contact/)へお願いいたします。

先日、Nadia編集部で企画したカレー対決企画。
登場してくださった方々はこちら!

IMG_2977
 料理研究家のヤミーさん。
そして、ゴスペラーズの黒沢さん。

芸能界カレー部の名誉会長の肩書きを持つ黒沢さん。
ご存じの方も多いかと思いますがとってもお料理が上手なのです。
特にカレー。

僕はこの企画を非常に楽しみにしていました。
新卒で入社したソニーミュージックで音楽プロモーターとして担当させていただきましたゴスペラーズ。
そして現在OCEAN'Sでマネジメントしている料理研究家のヤミーさん。
そのコラボレーション!
自分としては10年越し!

いやー、これは嬉しい!
2017/2/15にNadiaの企画として公開されますのでお楽しみに!

快く引き受けてくださった黒沢さん、まとめてくださったソニーミュージックの先輩方、マネジメントスタッフの皆さまありがとうございます。
感無量です。


「おお、今度飲もうぜ!」って。ツーショットも。
IMG_2974
Nadiaエプロンつけていただき、ありがとうございました。


そしてこの企画を周りの力を借りながらも主体的に実行完了した新卒一年目のTさん。
IMG_2979
きっちりやりきりました。
「料理×●●」っていう軸は色々検討できますよ。
まだまだ課題もあるけど、成長していきましょう!

 

人と人のご縁やつながりは本当に大切ですね。
10年前にお仕事させていただいていたゴスペラーズ。
自分が起業して下積みがあって、会社も成長してキッチンも作って。
そこでアーティストが料理をするなんて想像もしなかったです。

ゴスペラーズのファンの方にも黒沢さんのカレーを届けることができますし、ヤミーさんやNadiaのファンにも黒沢さんの新たな一面をお伝えできる。
今の自分の価値やできることは何年も前から実は積み上げられていて、その結果が今となって現れる。

ということは今やってることは10年後の自分の価値になる。
人と人とのご縁やつながりを大切にし、自分ができることをきっちり地道にやっていこう。
そう思った一日でした。

なんか日記みたいですね。。笑
失礼しました。

まだまだおもしろい企画をNadiaはやっていきますよ!


今日の一善:エレベーターで一緒になった面識のない他社の人にも「おはようございます。」と大きな声で伝えた。

 

本日2017年2月1日でリクルートを退職してから丸5年が経過しました。
「5年でほとんどの会社はつぶれる」とか、「石の上にも3年」とか年数が入った色々な言葉がありますが、、今ここに存在していることに感謝したいと思いますし、持ち前のタフな精神力で掴んだチャンスはどんなことがあっても離さない執念で引き続き邁進します!
ここまで支えてくださった皆さま、ありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

「継続は力なり。」
単純ですが、非常に素敵な言葉。
継続させることは大変な苦労もありますが、得られることも多いと思います。

何事も飽きっぽかった学生時代。
投げ出したこともたくさん。。
でも気づけば毎日コツコツ地味な作業を続けることが一番の強みとなりました。

毎日の筋トレ10年、出社前の毎朝のトレーニング4年。
「筋肉がNOと叫んだら、私はYESと答える。」というシュワルツェネッガーの名言を呪文のように唱え続けて生きてきました。
「週に何回ジム行くんですか~?」と聞かれて「9回です」と答えます。
そして、1週間7日しかないじゃないですか・・・と返答される。


やり続けること、諦めないこと、続けることを楽しめること。
僕には特別な技術もありませんし、特別な家柄でもありませんが引き続き継続努力してまいります。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


「おしゃべりなら後にしてくれ。パンプが冷めちまう。」

シュワルツェネッガー名言、素晴らしい。


今日の一善:自宅マンションの共用廊下のゴミ拾いをした。

















 

自身の年齢も36歳となり、最近考えることは「時間を有効に活用する」ということ。
なんか当たり前のことを書いていますが、後何年生きられるかとかそれまでにやりたいことをやれるかなとか考えてしまいます。
僕は比較的自分のペース(裁量)で生きている方だと思うので自分を他の人と比べることはあまりありませんが、自分の残りの時間などを考えると、ついつい効率化を考えたり焦ったりすることもあります。

ところで、僕はハワイに行ったことがありません。
「えー!ハワイ行ったことないの!」ってよく言われます。
ないです。

アメリカ本土、アジアは結構行きました。
でもハワイはありません。
死ぬまでにハワイとアフリカには行きたいと思います。
アフリカもありません。
というかヨーロッパもありません。
創業してから6年目。ほとんど休んでないからです。
でも、いつか行きたいです。
そのために、時間をどうやって作るのか、いつ行くのかも毎日考えています。

さて、本題です。
僕は仕事もプライベートもQCDという言葉をすごく意識しています。

Q・・Quality(品質)
C・・Cost(費用)
D・・Delivery (納期)

主に製造業において設計・生産時に重視される3つの視点なんですが、この言葉本当に言い得て妙だと思います。
製品を作るときにはその製品がどんな品質のものなのか、それがいくらで売られるのか、またはいくらの原価がかかるのか。
そしてその納期はいつなのか。
これ考えるのが大事だと言ってます。

WEBサイトの設計もそうですよね。
どんなサイトをつくるのか、それにいくらかかるのか、いつできるのか。

日本の会社はQuality・Cost>>Deliveryという風潮が多い気がします。
でも全ては並列だと思います。
財務諸表から見たら。
僕はDelivery、つまり「時間」を本当に大切にした方がいい、と今日は言いたい。

当たり前ですが経営者として仕事をしていると、売上高総利益よりも営業利益を見ます。
売上高総利益だと、周りのメンバーがどれだけ時間を使って協力してくれたとか自分のコミュニケーションコスト(人権費)とかを考えきれない。
また、納期が遅れると「後工程」の人の待機時間やリカバリー時間もかかる。

あと、「会議」と「資料作成」の時間はほとんどが無駄だと思っています。
必要な話し合いがあるのでしかたなく「会議」をします。
「資料作成」も伝わればOKです。
決めることは立ち話でもできるし。
議論は時間を区切らないと終わりもない。
ほとんどやっている気になっているだけだと思う。
そんな時間は一切なくして、社員や友人や家族との食卓を囲む時間として使った方がいい。


改めて。
僕は時間というものを大切にしたいと常々思っています。
キックボクシングをしていても若い頃のようにはいかないし、スパーリングをしても大学生は元気だし年齢は感じます。
時間に支配されるわけじゃなく、いいお付き合いをしていきたいと思っています。

仕事もプライベートも人間活動の一環。
両方とも時間をもっと大切にしていきたい。




今日の一善:会社のトイレの上がっている便座を閉じた。(ウォシュレットの省エネ)





 

↑このページのトップヘ